早起きをすると1日の充実感が違った

今日は久しぶりに早起きをしました。

普段と同じように12時にベッドに入り、普段と同じように7時くらいに起きようと予定していました。

ですが、今日は目覚ましもないのに、2時間も前に目が覚めました。

目が覚めた瞬間は、もうちょっと寝ようかなと一瞬思いましたが、それほど眠気もなかったため、二度寝せずにベッドから起きあがり、しばらく窓から外を眺めていました。

室内も家の外も全く騒音もなく、ひっそりと静まりかえっていました。

人の気配もなく、時間をゆっくりと過ぎて行くように感じられました。

こんなに静かな時間を、無為に過ごすのはもったいないと思って、シャワーを浴びて、着替えて、読書することにしました。

まだ読み終えていない本で、最後まで読んでみたいとは思っていましたが、なかなか読む時間を見つけられていませんでした。

一旦、読書を始めてみると、スーッと内容が頭に入ってきてどんどんとページが進んでいることに気づきました。

久しぶりにその本を読みましたが、それまでに読んでいた前の内容もだんだんをと思い出されてきて、あっという間に1時間が過ぎ、2時間が過ぎました。

7時になり、普段起床する時間になったことに気づき、朝食を食べて普段通り、会社に向かいました。

朝の読書以外は、全く普段と代わり映えしない1日を過ごしました。

でも、1日中ずっと充実感に満ちた心地を過ごしていたので、同じことをしていようとも、とてもいい気分で過ごせたことは、とても大きな収穫でした。

早起きすることは三文の徳と言われ、小さい頃から早起きするように学校の先生から教えられていました。

知識として理解はしていましたが、今日は身をもって早起きの効能を実感することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です