ピアノの独習本を見ながらキーボードを弾くこと

小さい頃、ヤマハの音楽教室に通っていた私は音楽が好きです。

歌うことも、ピアノを弾くことも好きですが、嫁ぎ先にはピアノもないし、子供は男の子で音楽よりもスポーツをする方が好きな様子です。

子供の手が離れてきたのを機にキーボードを購入しましたが、指が思うように動きません。

何十年も鍵盤から離れていたのですから仕方ありません。

折角買ったのに弾けないからと、押し入れにしまい込むのも勿体ないので、ピアノの独習本でDVDを参考にしながら、イチから練習を始めました。

初めてから半年ほどですが、 練習していると昨日はできなかった指の動きが今日はできているとか、

3日前より明らかに滑らかに指が動くとか、雨だれのようだった曲が小川のように流れだすという経験を繰り返すうちに、

練習することの楽しさが味わえるようになりました。

年齢を重ねるにつれ、今までできなかったことができるようになるという経験とは疎遠になります。

その意味でも自分の可能性の広がりを実感することは得難い体験だと思います。

今は「トルコ行進曲」が完璧に弾けるようになり、次の「エリーゼのために」を練習しています。

それだけでなく好きなバンプオブチキンの曲なども、自分で好きに伴奏をつけて弾けるようになりました。

これからも楽しんでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です